ジャズ・サックスの練習やセッションに必須の曲集

シェアしていただけると、嬉しいです

JAZZ STANDARD BIBLE


スポンサーリンク

特徴

通称「黒本」と言われているようです。

セッション等では定番だそうです。
皆が同じ本を使っていれば、一人違うコードで演奏してた、なんてことにならず安心ですよね。

JAZZ STANDARD BIBLEも出ていて、それぞれ227曲載っています。

ただ、セッションではBIBLEの方だけで、ほぼ間に合うのではないでしょうか。
ちなみに私は、BIBLE2にも気に入ってる曲が数曲あったので両方買いました。

また、in C、in Bb、in Ebが出ているので、自分の楽器に合わせて選ぶことができます。
私はテナーサックスなので、in Bb版です。

さらに、CD付きでテーマの模範演奏とマイナスワンが、BIBLEは20曲BIBLE2は22曲入っています。

こちらで紹介したiReal Proのマイナスワンも手軽でいいのですが、やはり本物の楽器の演奏のほうが雰囲気がでますよね。

この本を気に入ってる点

①字(音符)が大きいこと
②1ページに1曲掲載、2ページの場合は見開きで掲載としているところ
③原則、1段4小節としているところ

これによって、とても見やすくなってます。
この本を見ながら演奏する、ということを考えて作っていると思います。

さらに、「エンディングは通常~することが多い」とか「この部分はラストテーマの時のみ演奏」などの注釈が随所にされていて、
「現場のノウハウが入っているなぁ」と感じます。

ポケット版というのもありますが、私はこちらの通常サイズが見やすくて良いです。

以上、最後までご覧頂き、ありがとうございました。

付録

in Bb

in C

in Eb

スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです

フォローしていただけると、励みになります

ランキングを見る

ランキングを見る

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ