サックスのリード調整の道具はこれで良くない? Reed Geek代用品!?



スポンサーリンク

リードの調整って、してますか?

私の場合、薄い分にはそのまま練習に使ってますが、厚いリードは吹きづらいので、

紙やすりで削ったりすることがあります。

リードの調整法は、「サクソフォーン上達法(デビット・リーブマン著)」や

「サクソフォーン演奏技法(ラリー・テール著)」などが参考になると思いますが、

私が行う調整は、リードの裏面全体を削って薄くする程度です。

手間はかかりますが、1枚500円程度するリードが少しでも使えるようになればいいですよね。


Reed Geek(リード・ギーク)って何

最近、「Reed Geek」というリード調整用ツールを知りました。

YouTubeでも紹介している人がいます。

アマゾンの商品説明によると、リードの裏面を平らに整え、

マウスピースのテーブルとぴったりと合わせると、反応がよくなったり、

リードミスが減るそうです。

デヴィッド・サンボーンや、ボブ・ミンツァ-なども使っているそうで、

良さそうだなぁと思ったのですが、価格が、、1万円程するんですよね。

ちょっと私には高い買い物かなぁと、、、

Reed Geek代用品!? これで良くない?

私としては細かな調整をするわけではなく、リードの裏面を平らに削れれば良いだけなので、

他に何か良いものはないかと、探していて見つけたのが、

ホビー用カンナ」です! 刃の幅は2.5cm程の小さなカンナで、価格は500円程です。

使い方としては、カンナの台座から刃を外して、

リードに対して垂直に近い角度で刃を当てて軽く擦るだけで削れます。

刃を固定してリードの方を引く方法でも良いかも、、。

刃がキッチリ真直ぐかは微妙ですが、安いので私としては満足しています。

まぁ、あくまで私の趣味の範囲なので、

真似してリードがダメになっても自己責任でお願いします。(笑)

本当はReed Geekの方がいいけどね、、、!

スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです

ランキングを見る

ランキングを見る

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ