パター練習用マット買いました。オススメです!

シェアしていただけると、嬉しいです

サックス以外の趣味としてゴルフをしています。

といっても、月1回ラウンドする程度であまり練習もしないので、

スコアは長いこと100前後のままです。

で、もう少しスコアをアップするためには、まずはパットの練習が必要と思ったわけです。

確実に2パット以内で収めることが出来れば、5~10程度はスコアが縮まると思うんですよね。

「ドライパーもパターも同じ1打」と、よく言われますからね。

スポンサーリンク

オススメのパター練習用マット

それまではキッチンマットで練習してたんですが、

長さが1.5m位なので、ちょっと物足りないんですよね。

そこで、ネットでいろいろ探して購入したのが、

パターマット工房の

スーパーベント(SUPERBENT) パターマット45cm×3m」(4,298円)

です。

幅は、30㎝、45㎝、90㎝の3種類あり、

長さも2.2m~10m位までありましたが、

部屋の広さと予算を考えて、45㎝×3mのサイズにしました。

実際、このサイズが一番売れているようでした。

スーパーベント パターマットを選んだ理由

数あるパターマットの中から、この商品を選んだ理由は、

口コミで「本当の芝の転がりに近い」という書き込みが多かったからです。

商品説明でも、「ベント芝の再現」にこだわったとありました。

実際に打ってみると、

順回転のいい転がりをすると伸びていきますが、

転がりが悪いと失速してしまいます。

さらに、転がる方向で「順目/逆目」があり、

転がりのスピードが変わるというのも良いと思いました。

マットを手で撫でてみると、抵抗感の違いがわかります。

それと、値段が、まあまあ手頃だったのも理由のひとつですね。

また、マットのみなので、

くるくる丸めると片づける時場所を取らなのも良いです。

一緒に購入したパット練習器具

マットには、カップに見立てた

「距離感マスターカップ」というものが付属してくるのですが、

もう少し雰囲気を出したくて購入したのが、

RYOMAゴルフ 上手くなるカップ

これも、なかなか優れものだと思います。

カップの周りの傾斜と高さが絶妙で、

転がりが弱かったり、端の方だと弾かれます。

逆に強すぎると飛び出てしまします。

丁度いいスピードで、カップの真ん中を狙う必要があります。

更にもう一つ購入したのが、

ダイヤ パットチェッカー

45㎝の定規のようなものに、幅の狭いレールが付いているのですが、

レールから外れずに打つのは、結構難しいです。

パターをまっすぐ打ち出す練習にいいと思います。

最後に

マットは部屋の壁際に敷きっぱなしにして、

ちょっと暇があるとパットの練習をしています。

やはり、自宅で気軽に練習できるのはいいですよね。

これでスコアも少しは良くなるかも、、、期待です。

あ、それと、マットの幅は45㎝以上がおすすめです。

マットの対角線上でカップを狙うと、狙いの難しさが増すと思います。

幅30㎝では、ちょっと狭いと思いますよ。

値段も1,000円程度の違いですし、、、。

参考

スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです

フォローしていただけると、励みになります

ランキングを見る

ランキングを見る

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ