ジャズ・ボーカル&サックスお気に入りCD

シェアしていただけると、嬉しいです

アンドレア・モティス&スコット・ハミルトンのCDを紹介したことがありますが、

それにちなんでボーカルとサックスが絡んだもののお気に入りを紹介したいと思います。

ゲッツ/ジルベルト

イパネマの娘

ド定番で申し訳ありません。

スタン・ゲッツとジョアン・ジルベルト、アストラッド・ジルベルトによるボサノバです。

気だるい感じが心地よいです。

アストラッド・ジルベルトのヘタウマな感じ(そう思うのは私だけ?)も雰囲気出してます。

ゲッツの音もとてもマッチしています。

ゲッツ・オー・ゴー・ゴー

corcovado

もう一曲ゲッツです。

こちらのボーカルは、アストラッド・ジルベルトのみです。

ジョン・コルトレーン&ジョニー・ハートマン

my one and only love

コルトレーンのサックスは美し過ぎです。

ハートマンの声も渋くかつ透き通るような美しさを感じます。

Musical Romance

When You’re Smiling

ビリーホリディとレスターヤングです。

二人はとても仲が良かったらしいですね、レスターヤングのプレスというあだ名はビリーホリディが付けたそうです。

ビリーホリディの歌ももちろん良いですが、

レスターヤングの流れるようなアドリブは、とても良いお手本になります。

しかし、サックスをあんなに横に構えて、腕が疲れないのだろうか?

参考

シェアしていただけると、嬉しいです

フォローしていただけると、励みになります

ランキングを見る

ランキングを見る

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ