顎関節症はサックス練習NG?!

シェアしていただけると、嬉しいです

前々から口を大きく開けるとカクカクすることはあったんですが、

1週間位前に、何かの拍子に左アゴが今までより大きな音でカクッとして、

それ以降、物を噛んだり口を大きく開けたときに、痛みを感じるようになってしまいました。

これは顎関節症ってやつですよね、きっと、、、

悪化すると困るので、ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

顎関節症の症状

  1. アゴの関節がカクカクする。
  2. 食べるときにアゴの関節が痛む。
  3. 指が縦に3本入るまで口を開けられない。

などが代表的な症状です。

私は1と2の症状があります。

3はまだ大丈夫です。

顎関節症の原因

  1. 噛み合わせが悪い。
  2. 歯ぎしりが激しい
  3. うつ伏せで寝る
  4. 首の骨にずれがある。
  5. 頬杖の癖がある
  6. 食事の時テレビの方など横を向いて食べている。
  7. 噛む歯が片側に偏っている。

など色々考えられるようです。

私は3と6が当てはまりますねぇ。
1、2、4は自分ではちょっと分かりません。

顎関節症で気をつける事

上記の原因で考えられる事に気をつけるのはもちろんですが、

他にも、

  1. 歯をくいしばらない。
  2. サックスやフルートなど、アゴを引く動作を伴う楽器の演奏を控える。
  3. バイオリンなどアゴに負荷のかかる楽器の演奏を控える。

私は趣味でサックスを練習していますが、しばらくは吹かない方がよさそうですね。

ましてや、サブトーンはもってのほかですねぇ。

顎関節症は何科の病院?

まずは歯科に行くのがよさそうです。

噛み合わせや、歯ぎしり等アゴの負担を軽減するために、
スプリントというマウスピースのようなものを作る方法があるそうです。

尚、いきなり歯を削るのは、取返しが付かなくなると困るので止めておきましょう、とありました。

更に、外科的な治療が必要なら、口腔外科を紹介されることが多いようです。

ちなみに、口腔外科は一度お世話になったことがありますが、かなり痛い思いをしたので、出来れば避けたいところです。

(関連記事:歯茎の腫れを侮ると酷いことになります

最近、よく噛まずに食べるようになってしまって、ちょっとマズイ状態です。

なので、早速歯医者の予約を取りました。
早く治さないと、、、

以上、最後までご覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです

フォローしていただけると、励みになります

ランキングを見る

ランキングを見る

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ