SiteGuard WP Pluginは効果あり?!

シェアしていただけると、嬉しいです

SiteGuard WP Pluginで悪意のあるログインをブロック


今さら私が言うまでもないですが、多少使い勝手が悪くなったとしても、セキュリティー対策はしっかりやりましょう。

悪いことをする人たちは、私と違ってとても頭のいい人たちでしょうから、甘く見てはいけないですねぇ。

当サイトは立ち上げ時から「SiteGuard WP Plugin」を導入しています。

スポンサーリンク

悪意のあるログインを試されてる

SiteGuard WP Pluginの機能のひとつである、ログイン時の画像認証を設定しているのですが、

最近、画像認証が面倒になってきて、パスワードだけで十分だろうと考え、画像認証は外そうと思ったんです。

SiteGuardのダッシュボードを開くと、画面の一番下に「ログイン履歴」というのがあるんですが、

久しぶりに開いてみたらびっくり。

知らないユーザーIDのログイン失敗が、色々なIPアドレスから定期的に繰り返されてるんです。

ログイン失敗の履歴

当サイトは、2017年4月下旬に立ち上げました。
それから9月までの約5か月弱の履歴として、

・ログイン失敗  :92回

・ログイン ロック:8回

試されているログインID

・「author ID」、これが一番多く、昨日もやられてました。

・「admin」、次に多いのがこれ、お約束ですね。

・「111」、若干ですが、こんなのもありました。試されてるということは、使ってる人も多いということなんでしょうか?

画像認証はやっぱり必要

ログイン履歴を見て、画像認証を外すことはやめました。

パスワードを破られる可能性は低いと思いますが、多少利便性を犠牲にしても、しっかりガードして置くほうが安心です。

ユーザーIDのガード

ワードプレスのデフォルト状態では、author ID=ユーザーIDなので、ユーザーIDは直ぐに分かってしまいます。

Edit Author Slugプラグイン

私は、Edit Author Slugというプラグインで、author IDを任意の名前に変更しています。

一番多い悪意のあるログインも変更したIDが使われていました。

セキュリティーは悪い人たちとの、イタチごっこですが、自分の身は自分で守らないとですね。

以上、最後までご覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです

フォローしていただけると、励みになります

ランキングを見る

ランキングを見る

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ