非喫煙者だけに有給休暇?

シェアしていただけると、嬉しいです

タバコ休憩は非喫煙者にとって不公平?


先日ネットを見ていたら 「タバコ休憩は非喫煙者にとって不公平?」という記事に目が止まりました。

スポンサーリンク

「スモ休」ってなに?

ある企業が非喫煙者に対して年最大6日の有給を与える「スモ休」という制度始めたそうです。

きっかけは、タバコ休憩で勤務時間に差が出るのは不公平だ、との不満が非喫煙者から出ていたというのです。

この手の話は、私の周りでも話に出ることは有ります。冗談混じりですが、、
やはり、吸わない人の中には、本当に不満に思ってる人もいるのでしょうねぇ。

なので、この記事を見た時「とうとうこういう会社が出たかぁ」と感じました。

と同時に「でもこの制度本当に公平なのかなぁ?」とも思ったのです。

ちなみに私は禁煙して今は吸っていません。

タバコ休憩は仕事に有効?

ファイザーの調査では、1日の内タバコ休憩に行く回数は、管理職で平均約6回、中には10回以上と回答した管理職もいたそうです。

一方、ライターさんの元には、喫煙者の意見として、

  • 喫煙所は有効なコミュニケーションの場になっている
  • タバコを我慢するとイライラして逆に効率が落ちる

などがあったそうです。

喫煙経験のある私としては、分からない訳では無いです。
当時は私もそう思ってました。

しかし今思えば、タバコを我慢するとイライラしてしまうのは、損をしているのではないかと思います。

また、以下の意見も、

  • 労働時間で比べるのでは無く、成果で比べるべき

私が最初に「この制度、公平?」と感じたのと、近いものだと思います。

非喫煙者だって、机に座っていても仕事以外のことを考えてることもあるでしょうし、無駄話をしている者もいます。

私は喫煙者の味方をしている訳ではないですが、
一律に「こうだ!」とは言えないですよね

仕事の内容によっても色々違ってくるだろうし。

いっそ禁煙!?

まあ、その会社には、その会社の考えがあっての事と思いますが、

いずれにしても、喫煙者にとっては益々住みにくい世の中になっていきますねぇ、、

タバコを吸ってる方、いっそのこと禁煙してはどうでしょう
ライターさんも言ってますが、その方が健康にいいですよ。

イライラすることも少なくなるかもしれないですし。

もしかして、禁煙推進がこの会社の目的?(考えすぎかな?)

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです

フォローしていただけると、励みになります

ランキングを見る

ランキングを見る

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ