ジャズ クラリネット|私の楽器とおすすめCD1枚

シェアしていただけると、嬉しいです

長いことケースにしまいっ放しにしていたので、カビが生えてないか心配になり、久しぶりに出してみました。

幸いカビは生えてませんでしたが、ほこりっぽかったので、掃除がてら組み立て、
ちょっと吹いてみました。

やはり、クラリネットは温かみのある、正に「木管」という音がいいですねぇ。

同じ木管楽器でも、金属のサックスとは違います(当然ですが)。

セルマー センタードトーン

このクラリネットはセルマーのセンタードトーンというモデルで、ベニーグッドマンが使っていたというモデルです。

こいつもサックス同様オークションで手に入れました。

ケースはセルマーではなく、コーンのケースに入ってきましたが、
なかなか味があって気に入ってます。

入手した時は、パッドの交換が必要な状態で、更に、ベルに2か所割れがあったので修理に出しました。

大がかりな楽器の修理は、修理店をしっかり選ぼう

最初、地元にあるチェーン店の楽器屋に持って行った所、「このベルの修理は無理です」と言われ、がっかりして帰ってきたのですが、

諦めきれず、新大久保のダクに持っていくと「直ります」とあっさり言われ、見事に綺麗になって戻ってきました。

有名な楽器屋さんは、さすがです。

リペアの方が言うには、ベルが割れていると低音が出難いとのことで、確かに吹きやすくなりました。

ジャズ クラリネットのお気に入りCD

実はクラリネット奏者は良く知りません。

私が知っているのは、ベニーグッドマンと北村英治さんくらいなんですが、

ある時、雑誌のジャズライフにフィル・ウッズがクラリネットでジャズを吹いているCDが紹介されていたんです。

ガットギターとのデュオなんですが、曲目が良く知っているスタンダードやボサノバで、買ってみたら、
これがなかなかどうしていいんです。

クラリネットとガットギター、どちらも温かみのある音色でボサノバにとてもマッチしていて、おすすめです。

<参考>

シェアしていただけると、嬉しいです

フォローしていただけると、励みになります

ランキングを見る

ランキングを見る

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ