ジャズサックスお気に入りの日本人男性奏者

シェアしていただけると、嬉しいです

日本のジャズマンも沢山の素晴らしい方たちがいますが、今回紹介するのは、私がなんか気になって買ったCDたちです。

もちろん、その世界(?)では有名な方たちですので、内容はどれも素晴らしいです。

では早速、

渡辺 貞夫

ライヴ・アット・ピット・イン

やはり一発目はナベサダから行っときます。

ライブ物はいいですねぇ、根気が伝わってきます。

2曲目の「朝日のようにさわやかに」のアドリブのスピード感とか、たまらなくカッコいいです。

残念ながら、新品のCDは販売してないようです。

安保 徹

I Should Care -Live At Bash

私が持っているのは左のCDで、これもライブ物です。

もう販売してないのですが、現在は「LIVE AT BASH AGAIN! Live」というタイトルで、2枚組として再編成したアルバムが出ています。

動画はアルバムの物ではないですが、参考として載せます。

西条 孝之介

マサチューセッツ・イン・ボサ・ノヴァ

ボサノバいいですねぇ。

スタン・ゲッツを思わせるサウンドで、聴いていて気持ちいいです。

山中 良之

見上げてごらん夜の星を

バリー・ハリスのやさしいピアノとマッチして、ゆったりした気持ちになれます。

<参考>

シェアしていただけると、嬉しいです

フォローしていただけると、励みになります

ランキングを見る

ランキングを見る

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ