サックス アドリブ練習記 | 酒とバラの日々

シェアしていただけると、嬉しいです

The Days of Wine and Roses


いまだ初心者レベルを脱っせませんが、地道に練習を続けてます。

今は「酒とバラの日々」を練習しています。

教則本等を参考にしていますが、「ここは何々スケールで」とか言われても、パッと吹けるわけでもなく苦労しています。

で、初心者なりに、こんな練習をしています。

スポンサーリンク

曲の構成とコード進行

構成は「ABAC」の32小節です。

コード進行は以下になります。(以前紹介した「黒本」より
尚、テナーサックス用なので「キーG」となってます。

[A] GΔ7 F7 E7
Am7 Am7 Cm F7
[B] Bm7 Em7 Am7 D7
F#Φ B7 Em7 A7 Am7 D7
[A] GΔ7 F7 E7
Am7 Am7 Cm F7
[C] Bm7 Em7 C#Φ C7
Bm7 Em7 Am7 D7 G G

コード解析はネットや教則本等を調べると出てくるので、ここでは割愛します。

私が気を付けているところは、コードトーンに臨時の#やbが付くことが多いドミナント7thです

この曲ならF7やE7

  • F7では、Fがナチュラル、Eがフラット
  • E7では、Gがシャープ

等です。

この音を入れてあげると、曲の雰囲気が出やすいと思います。

ちなみに、F7はキーGのダイアトニックコードでは無いですが、同じ主音のキーGmから7度のコードを借りてきたと解釈するそうです。

テーマの練習

以前紹介したiReal Proのバッキングに合わせて繰り返し、暗記するまで吹きます。

曲の途中から聴いても、メロディーが出てくるようになると良いです。

コードトーンの練習

各コードに対して、

  • メジャーコードは、1度-2度-3度-5度
  • マイナーコードは、1度-b3度-4度-5度

を8分音符で吹きます。

楽譜はコードのみで、音符は記載せずに練習します。
慣れてきたら、リズムを変えたり、音の順番を変えて練習します。

この練習法は、「THE JAZZ道-アドリブの極意」を参考にしました。

覚えたフレーズを使って練習

事前に練習して覚えた、2-5-1等のフレーズを該当するコードのところて使ってみます。

繋がりが不自然かもしれませんが、気にせずどんどん使ってみます。

さらなる変化を入れて練習

なんとなくマンネリ気味に思えてきたら

  • コードトーンを半音下から始めてみる
  • ドミナント7thでb9を使ってみる
  • 音を半音階で繋いでみる

等、よくあるテクニックを使ってみます。

ひとり反省会

iReal ProとMTSRの使い方」で紹介した方法等で、自分の演奏を録音して聴いてみます

落ち込むこと必至ですが、良かったところ、悪かったところが良くわかります。
おすすめです。

以上、、、書くのは簡単ですが、実際やると難しいんですよね。

めげずに頑張ります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

<参考>

ジャズ道 アドリブの極意

スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです

フォローしていただけると、励みになります

ランキングを見る

ランキングを見る

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ