Cannonball Adderley|ジャズ サックスお気に入りCD

シェアしていただけると、嬉しいです

Cannonball AdderleyのCD紹介です


普段はテナーサックスばかり聴いているのですが、今回はアルトサックスからお気に入りを選びました。

尚、迷ったのですが、「Somethin Else」は外しました。
(やはり、マイルスの色が強いかなぁ、と思ったので、、)

では、1曲目です、

Them Dirty Blues

Work Song

弟のナット・アダレイが作曲した曲です。

私の中で、この曲の印象が強いんでよね。
最初は、何かのCMで聴いて知ったように思います。

キャノンボール・アダレイのアドリブもスピード感があり、ファンキーでかっこいいです。

Cannonball Adderley Quintet in Chicago

Stars Fell On Alabama(アラバマに星堕ちて)

こいつは抜群にいいですねぇ。
アルトの音が艶があってとても美しいです。

この曲には絡んでませんが、メンバーにジョン・コルトレーンが参加していて、聴きどころが多いアルバムです。

Know What I Mean

 Waltz For Debby

ビル・エバンスと共演しているアルバムです。

Waltz For Debbyをサックスで、、?
と思ったのですが、聴いてみると、これがなかなか良いです。
アルトサックスの音色とマッチしてます。

Mercy Mercy Mercy

Mercy Mercy Mercy

ライブ感が凄いです。

盛り上がってるのが伝わってきて、聴いていて楽しくなります。

<付録>

シェアしていただけると、嬉しいです

フォローしていただけると、励みになります

ランキングを見る

ランキングを見る

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ