ジャズ テナー サックスのお気に入りCD

シェアしていただけると、嬉しいです

お気に入りジャズ テナー サックスのCD紹介です


ジャズサックスを始めたころに買って、お気に入りになったCDです。

まだ聴いたことがない方は、ぜひ聴いてみて下さい。

Lestar Young

Pres & Teddy

ジャズ サックスやるならレスターヤングは聴いとかないと、、と思い購入したCDです。

滑らかなアドリブが、すっと耳に流れ込んできます。

雰囲気を味わいたくて、1曲目のAll Of Me、2曲目のPrisoner Of Love、6曲目のOur Love Is Here To Stayのテーマの所だけCDと一緒に吹いて楽しんでました。

Gene Ammons & Sonny Stitt

Boss Tenors

テナー2本でのAutumn Leavesです。

ゴリゴリとバトルしている感じではなく、うまく掛け合いながら盛り上げていく感じで楽しいです。

アルバムの他の曲では、スティットはアルトを吹いているものもあります。

Joe Henderson

Page One

1曲目のBlue Bossaが有名ですね。

マイナー調のボサノバの雰囲気が、日本人うけしそうな気がします。

テーマも覚えやすいので、練習してアドリブをカッコよく決めたいです。

Stanly Turrentine

Sugar

大きな音で聴いていると、重くのしかかってくるような雰囲気と、じわじわ攻めてくるテナーの音が気持ちいいです。

ピアノじゃなくてオルガン(ロニー・スミス)という所も黒人音楽っぽい雰囲気を出していると思います。

また、ギターはジョージ・ベンソンが弾いてたりします。

それにしても、ジャケットがなんとも怪しいです。

<参考>

シェアしていただけると、嬉しいです

フォローしていただけると、励みになります

ランキングを見る

ランキングを見る

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ