サックスのスケール練習|おすすめ教則本その1

シェアしていただけると、嬉しいです

サックスのスケール練習してますか?

私は、もちろん練習しています。

でも、なかなか上達しません。
練習が足りないと言われれば確かにそうなんですが、

メジャー、マイナー、アルタードを12キー、さらにディミニッシュ、ホールトーン、そして各種コードのインターバルなどなど、
たくさん有り過ぎて覚えられません。(もう頭が固くなってるので、なおさらです)

スポンサーリンク

定番の教則本と言えば

サクソフォーンのためのトレーニング・ブック

最初はこれを使ってました。
お馴染みの教則本ですよね。

とても良い本ですが、かなりのボリュームです。約40ページもあります。
学生さんとか、練習時間がたくさん取れるならいいんですが、休日しか纏まった時間が取れない私は、途中でくじけてしまうんです。(言い訳です)

さらに悪いことに、覚えられないので毎回楽譜を見ながら練習していたので、なおさら頭に入いりません。

本来は、毎日練習して、何年もかけて習得するものだと思いますが、趣味でゆるゆる練習している者としては、出来れば苦行は避けたいのです。

そこで、まずは基本的なスケールだけをを、楽譜を見ずに吹けるようになろうと思ったわけです。

私が選んだオススメ教則本

他に良い教則本はないかと探してみました。
必要最小限にポイントを絞った内容で、ボリュームの多くないものはないかと。
(軟弱者ですみません)

そして、見つけたのがコレです ↓

Daily Warm-Up Exercises For Saxophone
by Jackie McLean

何がいいって、覚える楽譜が5ページ分だけなんです。

また、「by Jackie McLean」というのも惹かれました。
これなら私にも諦めずに続けられそうです。

値段も¥900円程と安いです。
だからと言って、あまりにも内容が貧弱ということは無いです。

それぞれ12キーで、以下の練習です。
・メジャー・スケール
・マイナー・スケール(ハーモニックマイナー)
・メジャー・コード
・マイナー・コード
・オーギュメント・コード
・ディミニッシュ・コード

まずは、これを完璧にして、その後、アルタード、ディミニッシュ、ホールトーンと進めば良いかな。

でも、スケール練習だけでは、やはり飽きるので、並行して曲の練習等もやろうと思います。

それでは、最後までご覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアしていただけると、嬉しいです

フォローしていただけると、励みになります

ランキングを見る

ランキングを見る

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 50代サラリーマンへ